アロベビーミルクローション 成分

アロベビーミルクローションの成分を解析!安心できる?

アロベビーミルクローション,成分

アロベビーミルクローションは99%が天然成分で0歳の赤ちゃんから使えるとのことですが、本当に安心できるのか心配ですよね。特に乳児湿疹で悩んでいる赤ちゃんに使う場合は気になります。そこで、アロベビーミルクローションの全成分を確認してみました!

 

【全成分】
水、グリセリン、オレンジ果実水*、トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル、オリーブ油*、シア脂*、ヒドロキシステアリルアルコール、ステアリン酸グリセリル、ホホバ種子油*、ツボクサエキス*、イタドリ根エキス*、オウゴンエキス*、カンゾウ根エキス*、チャ葉エキス*、カミツレ花エキス*、ローズマリー葉エキス*、ラベンダー油*、ローズマリー油*、ラベンダー花水*、カニナバラ果実エキス*、タチジャコウソウ花/葉エキス*、ラベンダー花エキス*、キサンタンガム、トコフェロール、ダイズ油、ベヘニルアルコール、セテアリルアルコール、ヒドロキシステアリルグルコシド、ステアロイル乳酸Na、BG、ベンジルアルコール、デヒドロ酢酸(*印はオーガニック栽培原料)

 

この中で、オーガニック栽培原料ではないのは、

  • グリセリン
  • トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル
  • ヒドロキシステアリルアルコール
  • ステアリン酸グリセリル
  • キサンタンガム
  • トコフェロール
  • ダイズ油
  • ベヘニルアルコール
  • セテアリルアルコール
  • ヒドロキシステアリルグルコシド
  • ステアロイル乳酸Na
  • BG
  • ベンジルアルコール
  • デヒドロ酢酸

 

でした。なかでも、これ何?と思った成分について詳しく調べてみました。

 

  • トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル:エモリエント剤、油性成分。
  • ヒドロキシステアリルアルコール :乳化材
  • ステアリン酸グリセリル:香料、エモリエント剤、乳化材
  • キサンタンガム:肌の表面に保護膜をつくり保湿性を高める。入荷安定剤の効果も。
  • トコフェロール:抗酸化作用と皮膚の血液循環作用のための成分。
  • ベヘニルアルコール:乳化安定剤。肌を柔らかくするエモリエント効果も。
  • セテアリルアルコール:乳化安定剤。保湿効果、肌の保護効果も。
  • ヒドロキシステアリルグルコシド:乳化材
  • ステアロイル乳酸Na :乳化材
  • BG:保湿剤、抗菌剤、エキス抽出剤
  • ベンジルアルコール:香料、防腐剤、溶剤
  • デヒドロ酢酸:防腐剤

 

パッと調べたところ、これと言って刺激的な成分は見られませんでした。ただし、赤ちゃんよっては刺激になる成分があるかもしれないので、肌が弱い場合には念のためパッチテストをしてから使うと安心ですね。